全米で大ヒットのTVシリーズがハリウッド映画化!パワーレンジャー【後編】

パワーレンジャー!前半はこちら

 

キャスト紹介2

YELLOW 意志の強さは人一倍:トリニー/ベッキー・G

ベッキー・G

http://www.power-rangers.jp/cast-staff/

1997年カリフォーニア出身。

ビルボードのラテンチャート一位にも輝いた人気シンガー。

俳優として「Empire/成功の代償」にも出演。

 

イエローレンジャー/トリニー

学校でも友達と交わろうとせずいつもひとりぼっち。

実は転校が多いため仲間ができず、その寂しさをつい家族にぶつけてしまう。

本当はそんな孤独から逃れたいと願っている。

http://www.power-rangers.jp/cast-staff/

トリニーは引越しばかりしているから、他人を知ろうとしても無意味だと思っている。

でもこの仲間たちと知り合い、最後には心を開いて人を信じるようになるの。

それが最高なのよ。

面白いのは私たち自身も役柄と同じように少しずつ仲良くなっていったこと。

それは私にとっても素晴らしい経験だったわ(ベッキー)

 

BLACK クールな武術の達人:ザック/ルディー・リン

ルディー・リン

http://www.power-rangers.jp/cast-staff/

1987年中国出身。

大ヒットした中国映画「モンスター・ハント」などで人気を獲得。

ネットフリックスの「マルコ・ポーロ」にも出演。

 

ブラックレンジャー/ザック

ほとんど学校に行かずアウトローを気取っている不良。

見た目もクールで言うことも辛辣だが、実は病気で寝たきりの母親の介護をしており、

人一倍孤独と不安を抱えている。

http://www.power-rangers.jp/cast-staff/

子供の頃パワーレンジャーが大好きだったのは、かっこいいヒーローがロボットに乗って巨大なモンスターと戦うからだった。

でも今度の映画はチームになると言うことの意味を投げかけている。

そこがいいよね。

ザックも仲間を見つけたことで初めてこの問題に立ち向かう勇気を手に入れるんだ。

 

悪の首領役にビックスターで脇を固める

「ピッチ・パーフェクト」のエリザベス・バンクス

エリザベス・バンクス

1974年生まれ。アメリカ出身。1998年に映画デビュー。

主な出演作にサム・ライミ監督の『スパイダーマン』シリーズ(02,04,07)、

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(03/スティーヴン・スピルバーグ監督)、

『ハンガー・ゲーム』シリーズ(12 ,13 ,15)など。

また『ピッチパーフェクト』(12,15)では、プロデューサーも兼任している。

http://www.power-rangers.jp/cast-staff/

リタ・レパルサ

“世界を滅ぼす力”=ゼオ・クリスタルを求め、

かつてのゾードンら“パワーレンジャー”を滅ぼした悪の戦士。

最後の力を振り絞ったゾードンによって封印されたが、6500万年の時を経て地球で復活を果たす。

 

モーションキャプチャーの”ゾードン”役でブライアン・クランストン

ブライアン・クランストン

1956年生まれ。アメリカ出身。

『プライベート・ライアン』(98/スティーヴン・スピルバーグ監督)、

『GODZILLA ゴジラ』(14/ギャレス・エドワーズ監督)、

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(15/ジョイ・ローチ監督)などに出演。

また、人気TVシリーズ「ブレイキング・バッド」(08~12)でエミー賞主演男優賞を3年連続受賞する。

http://www.power-rangers.jp/cast-staff/

ゾードン

かつて“パワーレンジャー”を率いた元レッド・レンジャー。最後の戦いで肉体を消滅させてしまうも、アルファ5によって魂だけ救われた“壁の中”の人物。

 

ロボット”アルファ5”の声優でビル・ヘーダー

ビル・ヘーダー

1978年生まれ。アメリカ出身。俳優、コメディアン、

プロデューサーとして幅広く活躍。声優としては

『モンスターズ・ユニバーシティ』(13/レフェリー役)、

『インサイド・ヘッド』(15/ビビリ役)、

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15/BB-8役)、

『ファインディング・ドリー』(16/スタン役)などに出演。

http://www.power-rangers.jp/cast-staff

アルファ5

パワーレンジャー”をサポートする、おしゃべりなロボット。

ゾードンの最後の戦いから6500万年もの間、新たな戦士たちが現れるのを待ち続けていた。

 

日本語吹き替え版声優:山崎亮太

監督

ディーン・イズラライト

南アフリカ出身。

ロサンゼルスのアメリカン・フィルム・インスティテュートで映画、演劇、文学を学び、

美術学修士号を取得。

2014年、プラチナム・デューン製作、

パラマウント映画配給のタイムトラベル・アドベンチャー

『プロジェクト・アルマナック』(日本未公開)で監督デビューを果たす。

本作は2作目の映画監督作となる。

脚本

ジョン・ゲイティンズ

俳優として活動しながら、2001年に脚本家デビュー。

2005年の『夢駆ける馬ドリーマー』では監督・脚本を務めた。

2012年、ロバート・ゼメキス監督の『フライト』で第85回アカデミー賞を始め、

数々の脚本賞にノミネート。

 

代表作品:

 『コーチ・カーター』(05/トーマス・カーター監督)

 『リアル・スティール』(11/ロバート・ゼメキス監督)

 『キングコング 髑髏島の巨神』(17/ジョーダン・ボート=ロバーツ監督)

 

ストーリー

人類が誕生する以前の地球。

この星を守るため命をかけて悪と戦った5人のヒーローたち。

悪の首領は海底深くへ沈み、ヒーローの力を秘めた5つのコインは地中で眠り続けた。

 

時は変わって現代。

アメリカの小さな町エンジェル・グローブの高校。

フットボールチームのクォーターバックとして町でも有名人だったスーパースター、ジェイソンモンゴメリー

だがある事件で友人をかばって退部、将来を棒に振ってしまう。

同じく学園のクィーンだった美女キンバリーナオミも、

ちょっとしたイタズラ写真をSNSで拡散され、ビッチの烙印を押されて最下層へ。

 

ある日、補習授業に出たジェイソンは不良に絡まれていたいじめられっ子を助け出す。

自閉症で機械オタクのビリー(サイラーだ。

やけになっていたジェイソンだったがビリーに引っ張られるまま町外れの廃坑へ。

そこで偶然出会ったのがキンバリー、そして不登校のアウトロー、

ザック(リンと転校ばかりで孤独なトリニー(ベッキーだった。

 

そこで五人は運命に導かれるように、

それぞれレッドピンクブルーブラックイエローの不思議なコインを手にする。

その瞬間から彼らの人生は180度変わる。

想像を超えたパワーと身体能力。

再び廃坑に集合した五人は地下深くに導かれ、

壁の男”ゾードン”とロボット”アルファ5”に出会い、

彼らこそ選ばれし存在であること、

そして今、海中深くに沈んでいたリタ(エリザベスが蘇り、

地球を滅ぼそうとしていると知らされる。

 

邪悪なリタと戦うためには五人はジャーとならなければならない。

だが、どれだけ訓練を重ねてもその力が手に入らない。

やがてリタの世界侵略が始まり、地球の運命は五人に委ねられる。

ここだけはチェック!注目ポイント!

注目1!パワーレンジャーの原点に立ち返ったストーリー

エンジェル・グローブという町を舞台に、

5人のティーンエイジャーたちが地球外の強大な敵と戦うために選ばれた!

というストーリーは実は1993年放送の「マイティー・モーフィン・パワーレンジャー」

第一シーズンのもの。

今回の映画はパワーレンジャーの原点に立ち返ったストーリーになる。

TVと違うのは5人がすぐにはパワーレンジャーには変身できないというところ。

どうしたらその能力を得られるのかが見所になる。

 

注目2!本人たちが実際に挑んだリアル・アクション

今回のアクション・シーンはスタントマンによる派手なものではなく、

できる限り本人たちが演じるリアルさを追求したという。

そのために徹底した集中トレーニングを行なったメンバーたち。

デーカー・モンゴメリーによれば

「午前中にマーシャル・アーツそれからランニングとヨガをして、

続いてウェイトトレーニングというメニューを数ヶ月繰り返した。

僕は運動部でもなんでもなかったから、かなり厳しい経験だったよ」

とのこと。

 

注目3!実はTV版に出演していた若き日のB・クランストン

パワーレンジャーのマスター的存在、

ゾードンをモーションキャプチャーで演じているのは、

アカデミー賞候補にもなった名優ブライアン・クランストン。

実は彼は最初のTVシリーズ「マイティー・モーフィン・パワーレンジャー」

で様々なモンスターの声を演じていたのだ。

「駆け出しの頃、あの仕事をもらえて本当に嬉しかったんだ」と言い、

今回の映画への出演を快諾してくれたそう。

 

⭐⭐⭐⭐⭐

懐かしの戦隊モノヒーローもハリウッドになるとカッコよく見える!

ぜひ子供時代に戻って楽しんでみては?

⭐⭐普段の生活をもう少し豊かな余裕な生活にしたい人へ⭐⭐

    あなた自身がお財布のピンチのヒーローになろう!❤

このページの先頭へ